読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬用リップクリーム

この気持ち渇いてしまうまえに

冬休みはあと一週間しかない


どうも。
今年ももう終わりますね。個人的には今まで生きてきた中でいちばん早いなと感じたのが2015年です。こないだスペトラ*1とKAGUYA*2同発だっただろ!?っていう。


日生少年たちの感想を書いては消し、書いては消しを繰り返してたらこの記事が今年最後の記事になりそうです。


まずは少年たちの感想をようやく。
やっぱり貴重なものを見せてもらったなという気持ちが大きい。圧倒的アウェーでも表現力、貪欲さで全く負けてない関西、結成後初めてメンバー全員出演の大仕事に挑むSixTONES、誰かの後ろではないステージのいちばん前に立つSnow Man。
同じものに取り組んでいるはずでもそれぞれ色んな想いとか決意とかは違って、ぶつけあっていて、それでもなんとか、なんとか15人で作り上げようとしていた舞台だったなと思う。荒削りとかとはまた違うような、うーん。まとまってはいるけどカンパニーではなく、チームであってチームではないんだなあと。いい意味でも悪い意味でもなく。
やっぱりみんなJr.で、自分以外の誰もが味方で、でもライバルで、そこに括りとかは関係ないのかもなと思った。

終盤、私は双眼鏡を使ってステージを見ていたのだが、西畑大吾さんがセンターの位置に来ることがあって(確か)(もう9月のことだしそんなに詳しく覚えてない)、双眼鏡越しに見た彼の目が強く、凛々しく、闘志に満ちた目をしていたのが印象に残っている。初めて立つ東京の舞台で『何がなんでも勝ってやる』というような目をしていた。
そんな人が今、関西Jr.の0番に立とうとしている。こんなに頼もしいことはないんじゃないか。

こっちの人はうざいとか暑苦しいって思うかもだが、私は関西Jr.が「東京には負けない」という気持ちを持っているところがやっぱり好きだし、いつまでも持っていてほしいし、そうあるべきだと勝手に考えている。
実際そんなに負けてもいないんだけど。わりとどっこいどっこいな気がするけどそれでも、そういう気持ちをいつまでも持っていてほしいと思っている。

関西Jr.も今年本当に色んなことがあった。
『まいど!ジャ~ニィ~』レギュラーからも卒業者が出た。いま振り返ればその予兆はあったかもしれないけど、やっぱりさみしくてかなしくて、しばらくまいジャニは見られなかった。
平野紫耀くん、永瀬廉くんが東京の仕事に少しずつ呼ばれ出したとき私はすごくモヤモヤした。それまで6人はほとんど同じスタートラインに立ち、同じ歩幅で階段を上がっていると思ってたから。でも結局それは一ヲタクの妄想で、仲よしこよしだけではやっていけない芸能の世界というのをそのとき見せつけられた気がした。

彼がいなくなるという知らせを聞いたとき正直「終わった」と思った。都合の良すぎる未来を想像してた。“もしかして”なんて思ってた。そういうものが全部なくなったと確信した。

6人がよかった。6人じゃないと意味がなかった。「なんでこんなに仲よくなるかなあ!」ってぐらい仲よくなってしまった6人が本当に好きだった。
  
紫耀くんと廉くんも今はほとんど関東のJr.状態で、まいジャニの収録にも来ていない。ちょっと前までは戻ってこないかなって思ってたけど今はもうまったく思わない。もし今2人が戻ってきても居場所がない。と言えるほど、関西は大きく進化したと思う。

私やっぱり、関西Jr.がちょっと好きすぎるなあ!
だって楽しいもん!今も!昔も!ずっと楽しいんだよ、本当に。

なんだかまとまらなくなってきたので、次は今のまとまらない気持ちを。





*1:A.B.C-ZのDVDシングル「SPACE TRAVELERS」

*2:NEWSのシングル「KAGUYA」