読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬用リップクリーム

この気持ち渇いてしまうまえに

洞窟のゴールはどこだ


正直人材不足だと思う。

関西の半人前のアイドルたちを何年も懲りずに好きなのはもはや癖(へき)であるから、未来とか明日とか、それこそデビューとかはあまり気にせず『自分が好きだから』というただそれだけの理由で見ていた。
私は正直、端的にいうと『売れる』とか『伸びしろがある』と思う人たちしか見たくないしお金を出したくない。個人的にそれをいちばんに感じるからA.B.C-ZもNEWSも応援している。『未来』を感じない人たちのことなど興味がない。

ただ関西は別だった。東京という華々しい場所から隔離された地で、先輩後輩問わず一丸となって自分たちの手で世界をつくっていく(しか手段がなかったのもあるけど)姿がただただ眩しかった。そこに未来とかそういうものは関係ないよって思ってた。
いや、見て見ぬふりをしていた。

東京に引き抜かれた2人は引き抜かれるべき人材だったと思う。そしてそうなる前に2人の抜けた穴を埋めるエース、大エースを育てなければいけなかったと思う。

当時横並び一線だった6はいつしか2:4になっていた。3:3で括られていたグループも消滅して、レギュラー番組では常に2人は前の席だった。6が好きだった私はショックで、その頃のショータイムは編集して残していない回もある。でも頭のどこかで分かってた、妥当だと。2人だけ東京に連れてかれる理由がわかるからこそ尚更ショックだった。
でも本当はこの頃から、関西を背負って東京に出ていく2人を仲間として背中を押すのではなく、自分も関西の代表なんだと胸を張って2人をライバル視すべきだったのではないかと、今となっては思う。2人が完全に関東のJr.とグループを結成してから「闘う」だなんて全然遅かったんだよ。僕たちも負けてませんって強く言ってほしかったんだよ、私は。

ていうか0番はそんな急に気持ちを引き締めて立てるような場所じゃない。生半可な意識じゃ立てない。自信も決意も感謝も孤独も全部背負って、周りの奴を黙らせる力がないと立てない。黙らせる力というのは技術じゃない。才能でもない。覚悟だ。と、私は思う。
そんな人材は、かつての重岡大毅みたいな存在は、今の関西にはいない。いなくなってしまった。


たとえば今関西からデビューしますってなったときに、すぐ世に出せるのは大西流星さんしかいないよ。マジで。今すぐじゃなくたって、5年後デビューってなってもまだ19歳、10年後デビューでも24歳で全然イケるし。
あと個人的に見込みあるなと思えるのは「赤チーム」と呼ばれている3人の中の数人。それと義務教育中(+高校生)の子たちぐらいかな。

引き抜かれた2人はいま関東のJr.の先頭に立っている。これは本当にすごいし、そんな2人のことは素直にかっこいいなって思う。そんな東京のセンターに立てるほどの、ホームラン級の大エースが関西から生まれたんだと思うと、関西に自担がいるわけでもないクソ茶の間なくせに誇らしくなる。
結果的に2人は関西から出て大正解だったと思う。ていうかそれしかなかったんだと思う。
このまま当たり前のように使わせてもらっている劇場にいたって、他の人たちは2人にずっと頼りきりだっただろうし、周りはそんな2人を「仲間だから応援する」なんて言っちゃって。そんな1ヶ月誰が得するの?誰が成長するの?って感じだっただろうから本当に抜けて正解だった。

でもあのとき2人をピックアップしすぎたから、2人が抜けたその後誰も続くことができていない。義務教育組だってこれからビジュアルがどう変化するかは未知数だし、現在の関西の0番(になるであろう人)を"今"超えそうな子は見当たらない。完全に戦略ミスだと思う。

今の関西に必要なのはモーニング娘。でいう鞘師里保小田さくらのような、『10年選手や人気選手を抑えつけるほどの存在感を持った即戦力のあるメンバー』じゃないかと思う。
それに当てはまりそうなのが赤名竜之介くんなのかな。春に公開される映画でもメインメンバーに入ってるし、4月に高校生になったら0番争いに本格的に参入しそう。してほしい。まあ争えるほど人もいないけど。

いいお賃金もらってヘラヘラバイト感覚でやってる人たちの心をボキボキ折るような、「こいつには勝てない」と思わせる人材がそろそろ現れてほしい。客観的に見て大体の人が未来とかないしぶっちゃけいらないから、ちゃんと新陳代謝して関西は関西なりにデビューに向かって頑張ってほしい。


重岡くんはじめ現ジャニーズWESTが関西Jr.だった時代を見てたときは、「いつデビューさせてくれるんだろう」ってハラハラドキドキしていた。今は「デビューできないだろうけどいつまで続けてくれるんだろう」という、別の意味でのハラハラドキドキはたまにする。
また「いつデビューさせてくれるんだろう」と思わせてくれる人を待っている。「デビューできるんじゃないか」って夢を見せてくれる日を懲りずに待っている。
 
そうやって待っているあたり私は多分これからも関西Jr.が好きで、彼らはいつまでも私のツボを刺激するような存在で、それはもうどうしようもない癖(へき)なんだと思う。*1
























*1:個人的に今江くん朝田くんあたりには幸せになってほしい